テック電発
当サイトご利用規定

 

サイトマップ






 ■ LabVIEW開発実績

データ解析ソフトウェア
  ハードウェア構成
  -----
  インターフェース
  -----
  概 要
予め用意された表計算用データ等をLabVIEWにて加工・解析して新たな解析結果をファイリングするオフラインシステムです。 LabVIEWで用意されている多彩な解析モジュールが利用されております。

データ収集システム (DAQシステム)
  ハードウェア構成
  ADボード、ADユニット、DAQボード
  インターフェース
  PCIバス、USB
  概 要
パソコンをオシロスコープやデータレコーダのように使用するバーチャルインスツルメンツプログラムです。

光ファイバー損失計測システム
  ハードウェア構成
  OTDR(Optical Time Domain Reflectrometer)
  インターフェース
  RS-232C
  概 要
OTDRの多彩な機能を利用して光ファイバー線路での損失を計測し、PCモニタ上に視覚的にディスプレイさせる バーチャルインスツルメンツプログラムです。

インクジェット印刷
  ハードウェア構成
  高圧電源、シンセサイザー、任意波形発生器、NI社製FPGAボード
  インターフェース
  PCIバス、GPIB
  概 要
送られてくるロール紙表面に、送り速度に同期して、決められたパターンを印刷します。
印刷パターンデータファイルを編集することによっていろいろなパターンを印刷できます。

マトリクス自動検査システム
  ハードウェア構成
  マルチファンクションボード(NI社製)、ソースメータ、ファンクションジェネレータ、
  マルチファンクションスイッチ
  インターフェース
  PCIバス、GPIB
  概 要
リモート制御可能なリレーボックスおよびマイコンボードを製作してマトリクス回路の断線、混戦、計測値等を計測・検査します。
回路の出力を一定にするために、フィードバック制御プログラムにて信号源を制御します。

リアルタイム計測
  ハードウェア構成
  PXI-RT(NI社製)、歪ゲージアンプ、モーションコントローラ
  インターフェース
  TCP-IP
  概 要
定速運動中の動摩擦係数を、材料の位置に対して正確に計測するために、NI社のPXI-RTがデータ収集部分を受け持つようにしております。
PXI-RTを使用することにより、オーバーヘッドによる計測タイミングのずれを最小限にしております。

プロセス制御システム
  ハードウェア構成
  搬送ロボット、モーションコントローラボード、アナログ入出力ユニット
  インターフェース
  USB、RS-232C、PCIバス
  概 要
ウェハーを搬送ロボットにて、プロセスに応じてチャンバーやトレイに搬送します。
搬送先ではプロセスに応じてLabVIEWプログラムがいろいろなケミカル処理を実行します。
本システムは、これまでPLCで実現していたシステムをLabVIEWでリプレイスした例です。
LabVIEWを採用することによって、プロセスでのレシピファイルの自由度が増し、プロセス変更に対して柔軟な対応が可能となりました。

高圧電源制御
  ハードウェア構成
  複数の高圧電源類
  インターフェース
  光通信(USB、RS-232C)
  概 要
アプリケーションから高圧電源を複合的に制御するために、ノイズや安全性の観点から機器間を絶縁しております。

GPIBシミュレータ
  ハードウェア構成
  -----
  インターフェース
  GPIB
  概 要
LabVIEWプログラミングにてパソコンをGPIBスレーブ動作させることにより、目的の計測器に合わせてGPIB通信部分のシミュレーションが可能となります。

アルゴリズム開発
  ハードウェア構成
  PXIシステム(NI社製)
  インターフェース
  PXI
  概 要
マイコン組込み制御器のフィードバック制御アルゴリズム開発用にPXIとLabVIEWを利用しました。
アルゴリズム開発段階でプログラム内容を修正する頻度がかなり高くなると予想できたので、 LabVIEWとPXIを使用することによって、ブロックダイアグラムにてプログラムを修正してすぐ実行して確認できるようにしました。
最終的なアルゴリズムは、マイコンボードのファームウェアに落とし込みました。

PLCとの通信
  ハードウェア構成
  PLC
  インターフェース
  TCP-IP
  概 要
LabVIEWからPLCを制御することによってPLCが持つIO制御機能や位置制御などの機能をLabVIEWからコントロールできるようになります。
市販のOPCサーバーを使用してPLCと通信させる場合もあれば、LabVIEWにてPLCのプロトコルに準じた通信部分を製作する場合もあります。 これによって、PLCをコントロールするタッチパネル部分が、LabVIEWが動作するPCに置き換わります。

DCS(分散制御システム)との通信
  ハードウェア構成
  MELSECNETボード
  インターフェース
  MELSECNET
  概 要
MELSECNETボードにてPCをDCS(分散制御システム)ネットワークの通常局として構成し、LabVIEWプログラムにてプロセス監視の一端を担います。
LabVIEWからMELSECデータリンクライブラリの関数を直接利用することができます。


up